mattak's blog

気の向くままに書く

kotlinことはじめ

kotlinでアプリを書き出すようになったので、勉強がてらメモ。

static method

kotlin.hatenablog.jp

基本staticは無いらしい。class objectで記述するみたい。

いつものアレをconvertしたらこうなった

public class SomeFragment : Fragment() {
    companion object {
        public fun getInstance(): Fragment {
            return Fragment()
        }
    }
}

val var

swiftのletにvalが相当する。変更不可能な値。 varは変更可能な値。

getBytes()

Stringに生えているgetBytes()はdeprecatedになっていた。 代わりにtoByteArray()をつかえとのこと

ByteArray

Basic types - Kotlin - Confluence

Arrayで配列を表現するみたい。 primitive型も対応する型が用意されているみたい。

Test

androidjvmテストを書く

src/test/kotlin/PKG/HogeTest.kt

package hoge

import kotlin.test.assertTrue
import org.junit.Test

public class HogeTest {
    Test fun hoge() {
        assertTrue(true)
    }
}

Annotationは@を外してつかうっぽい

butterknife

kotterknifeがあるっぽい

repositories {
    maven { url "https://oss.sonatype.org/content/repositories/snapshots" }
}
dependencies {
    compile 'com.jakewharton:kotterknife:0.1.0-SNAPSHOT'
}
import butterknife.bindView

public class MapFragment : Fragment() {
    val mMapView: MapView by bindView(R.id.map)
}

Parameter specified as non-null is null

Caused by: java.lang.IllegalArgumentException: Parameter specified as non-null is null: method kotlin.jvm.internal.Intrinsics.checkParameterIsNotNull, parameter savedInstanceState

というエラーがちょくちょく発生する。コレはoverrideしたjavaの関数にて、optionalを気にせずoverrideしてると呼び出し元の関数からnullが渡ってきてエラーが起きる。 java関数をoverride するときには、optionalかどうかを厳密に考えよう・・・。

traitはdeprecated

かわりにinterfaceをつかう。

data class

data public class Hoge(val name: String, val createdAt: String) みたいな感じでデータ宣言できる。

Signleton

taro.hatenablog.jp

object Singleton {  
  fun hello() {
    println("Hello")
  }
}

object declarationで簡単にかけるっぽい。